追記

Talk about...


2018年06月07日

_ *[育児日記]まるでヘミングウェイ

この間、久しぶりにタロウがダンナの逆鱗をぶちぬきまして…

ダンナが大噴火。

まぁ、詳しいことは本人の名誉のために伏せておきますが(^^;

(おおまかに言うと、タロウの自由な行動がダンナの主張する「常識」を超えてしまった、みたいなもんです)

ダンナが言いたいことも分かるけれども、タロウのことも少し許容してあげて…。と、

間に立った私は、奔走しておりましたよ。

ダンナは私と比較すると子ども達に厳しい方だと思うのですが、

彼からすると、私は「生ぬるい」。 もどかしく感じることもあるようです。

なんせ、相手は反抗期君ですからね。

親がどんなに一生懸命向き合っても、親の矛盾点も突いてくるわけですわ。

仕方ないね〜。

そこは、根気よく、教えていけばいいんじゃない?と。

きっと、いつか、伝わるわよ。

しかし。

…ダンナにはそう主張しつつも、私も一抹の不安を感じちゃって(^^;

私は自分に確信があるつもりだし、ダンナを説き伏せて、この方針でいくつもりだけれど、

これで本当にいいのかな?

どこか相談できるところはないかな?と。

ネットで調べたら、市で家庭教育の無料相談を受け付けているというところがあったので、早速、次の日の朝、電話して聞いてみましたよ。(そういうところはフットワーク軽いですw)

かくかくしかじか、今回の顛末を話し、相談してみたところ、

「お母さんに一票です。その対応で、いいと思いますよ」

と言っていただき、ほっと一安心(笑)

また、

「ご主人は、息子さんと、似ているところがあるのかもしれませんね。だからこそ、厳しくなるのかも」

とのこと… そうか!?やっぱり!?

「厳しく当たるのは、ご主人が、息子さんを対等に見ているからなのかも」

とか。私は気付かなかったことを教えてもらえて、目からウロコぽろぽろ!!

相談して良かったです。

その後、タロウと二人で、タロウの心の内側についての話をしたこと。

何が心にひっかかって、何が自分の成長を妨げているのか。そこに至る手がかりをえたこと。

ダンナ(お父さん)が厳しい故に、タロウがお父さんに認められていないような気持ちになっていたので、それは誤解であることを伝え、ダンナからも直接、伝えて貰ったこと。

そんな話をしたら、

「それは、本当に良かったですね。お母さん、上手。うまいっ!」

とも言っていただけて(笑) 

あー、よかったよかった。私は間違っていなかった!!

相談員さん、すごく文学にくわしくて。

「お父さんは、昔の文豪みたいな人なのかも(自分がこだわる規範を乱すと怒るという意味で)」

「父と息子の葛藤は、昔からアメリカの小説にもよく出てくる題材なんですよ」

なんていう話も…。

父と息子の葛藤かぁ!!まるでヘミングウェイですな(笑)

「お母さんは、お父さんと息子さんをフォローする形でいいと思いますよ。がんばってください!朝からいい話を聞けました」

とまで言っていただきました。わーい、褒められた?(笑)

あ〜、相談して良かったです。

私も、自分にない視点から事態を見ることが出来て、とてもいい話を聞けました。

そして、ますますこれでいいのだ!と思いました😁

との顛末を全てダンナに伝え、

「よって、今後、私の教育方針に口をはさまないこと!!」

と申し伝えたら、

「保証はできない」

と負けずに返されました(笑)

ま、いいけどね。そのほうが、フェアだしね。

がんばろうぜ〜〜。


2018年04月18日

_ *[育児日記]整理整頓できるかな

今日は夜遅くになって、タロウが「英語のノートがない!」と言い出しまして…

なぁ〜にぃ〜💢 

そりゃぁ、あんだけカオスな部屋&机なら、ノートも行方不明になるでしょうよ!

だから、お母さんが整理整頓しなさいとあれほど〜〜💢

で、いい機会なので。

ノートを捜索がてら、私も一緒になって、机周り&本棚を断捨離&整理していましたよ at 11PM.

本棚の奥を整理していたら、出るわ、出るわ、見たこともないプリントの山が…。

いったい、これ、どういうこと〜!

いい加減にしなさいよ〜!

なぜ、中2の最初に撮ったクラスの集合写真が今頃でてくるんだ〜!

(どおりで、去年はないなと思ったわ…;)

この、未提出のプリントはどういうこっちゃ〜!!

とぶち切れながらアドレナリン出しながら、なんとか整理が終わったのが 夜12時過ぎ💦

ああ、疲れた。

でも、お陰で奇麗になりました✨

クイックルワイパーも奥まで届いて、綿埃が溜まっていた床も戸棚もピカピカじゃないの✨

中1、中2と、タロウは提出物やプリントの整理が出来ていなかった故に色々と失敗もしたようなので、今年はさすがに懲りたらしく…

自分で購買でファイルを買ってきて、書類の仕分けと整理整頓を頑張るようです。どこまで出来るかな!?頑張ってほしいなぁ。


2018年02月24日

_ [育児日記] 職業選択の自由

最近は益々、ハナとの女子トークが楽しくなってきました。
何より彼女の話は、学校や塾での色々な情報も仕入れてきてくれて、話をしていてすごく面白い。
場を見ず時を見ずいつでも自分の興味のある話しかしないタロウとは雲泥の差です。
(これはこれで楽しいけどね…)
女子の会話力、すごいなぁ。。
クラスや塾の様子も、様々なことを事細かに教えてくれるので、親としても安心です。
逆に言うと、タロウの学校の様子のなんと不透明なことか
全然教えてくれないからなぁ…。
よしんば教えてくれたとしても、様々な事象の断片的なことしか言わないので、全体の様子を知るのが至難のわざです。
学校からのお知らせもあまりないし(重要な情報は親宛に直接頂けますが、細かな話は生徒のみに周知される方が圧倒的に多い。)
本人の報告に頼るのみだと、五里霧中!暗中模索!
母友同士の情報交換がないと訳分からん!状態デス。
そういう意味でも、母ネットワーク様々、でございます。。

そんなハナが、同級生の○○ちゃんのお父さんのお仕事の情報を聞いてきたらしい。
「○○ちゃんのお父さんは、弁護士さんなんだって!すごいなぁ〜✨」
自分の親や、友だちの親の職業というのは、子どもが最初に出会う「社会」なのかもなぁ、と思ったりします。
最近は、学校の授業で、保護者が先生となって、自らの仕事の内容などを子ども達に伝えることがあると聞きます。(うちの学校ではないけど)
これも素敵な経験だなぁと思います。
ここで大事なのは、「職業に貴賤はない」という価値観をしっかりと共有することだと思いますが、 そこさえしっかりと共有できれば、「社会は色々な職業の人が支えている」ということを知ることができるし、 自分の将来のビジョンを構築する手がかりとすることもできる良い機会ですね。
弁護士さんは、法律をしっかり勉強して、その知識でトラブルを解決する手伝いをしたり、人の権利を守るお仕事よ。 素晴らしい職業よね。素敵ね! すっごく試験が難しいのよ〜〜。頭が良くないと出来ないお仕事よ。
なんて言ったのですが、あまり聞いていない。
ハナがあまりにもイイナァ〜を連発しているので、よく聞いてみると、 「○○ちゃんのところは、お家が××で、△△だから羨ましい〜!」 ですって(笑)
ん?それは、弁護士という仕事そのものよりも、○○ちゃんの生活に憧れているってこと??
それは、お金をいっぱい稼げる職業が羨ましいってこと?? その考えはそれはそれで、アリだとは思うけどもさ。
ハナはそういえば他にも、××ちゃんのお父さんはお医者さんだって!とか、社長さんだって!とか。聞いてきてはイイナァ〜と言っています💦
ま、隣の芝は青く見えるってヤツですかね…実際、素晴らしいご家庭が多いんですけどね(笑)
あら、ハナちゃんのお父さんだって、一生懸命働いているし、素晴らしいお仕事をしているわよ〜。
そんなに悪くないと思うけどなぁ。とダンナのフォローをしていたら、
「それに比べて、うちのお母さんなんてさ。イラストレーターだしさ!」 え、火の粉がこっちに飛んで来たぞ💦
「お母さんなんか、仕事を貰わないと、お仕事にならないんでしょ。 ○○ちゃんのお父さんは、お客さんのほうから、お仕事をお願いします!って次々に来るんだよ!!」
ってそういう問題??(笑)
「確かに、そうなのよ〜。お母さんの仕事、大変よ😭  仕事を貰うの、難しいのよ〜。 でもさ、お母さんは、この仕事が本当にしたくてしてるから。大変だけど、やりがいがあるから、これで満足してるのよ。 まだまだだなぁと思うことも一杯あるし、もっと色々やりたい、頑張らなくちゃとは思ってるけどね。。 お父さんも、なんだかんだ言って(愚痴は多いけどw)お父さんができることで精一杯、仕事をしているんだと思うわよ。頑張っていると思うよ〜」
と言ってみたのですが、今ひとつ納得していない様子。
「そんなに羨ましいなら、ハナちゃんも一生懸命勉強をして弁護士を目指したらいいじゃない✨」
と言ったら、
「それは嫌。私の夢は、生物学者だもん!」
ですって。
そう。結局、ソレなのよね〜。 憧れの仕事と、なりたい仕事は、別。 適性は、ある。自分の心に真摯に問うことが大事なのかな、、と。
「何になりたいか」「何になれるか」を真摯に考えると、自分の方向性はおのずと見えてくるものだなぁ。
ま、ハナが本当に最終的に「生物学者」を目指すかどうかは分かりませんがね(笑) (ま、話半分…)

「イラストレーターなんてたいしたことないじゃん!」
私をケチョケチョにけなしながらも、
「でも、お友達のAちゃんはお母さんの漫画のファンらしいけどね」
と、最後にボソリ。
ちょっと!!嬉しいじゃないの!キュンときてしまった(笑)
私を落として上げる…本当にやられてしまった。うまいよ。

2017年10月22日

_ *[育児日記]タロウ14歳

タロウ14歳の誕生日〜。 本人のリクエストで焼き肉へ行きました!でっかくなって、反抗期で、口出しはいっぱしだけど、大人なようなまだまだ子どものような。
久しぶりの焼き肉は美味しかったです。4人でぜんぶで12,000円くらい。食べ放題に行こうか悩む…。
プレゼントは、ジョジョのPS4ゲームでした。しかし中間テストの結果悪くてゲーム禁止だけどね!(笑)早く解禁になるといいね…。 画像の説明 画像の説明

2017年10月02日

_ *[育児日記]体育祭と文化祭

_ タロウの学校の体育祭を見てきました〜。

彼は綱引きだけの参加であまり出番はなさそうでしたが、部活リレーと応援団のダンスとプロムネードだけを見たくて。

ハナも乗り気で行く!と。楽しんでいました。広い校庭でバッタを捕まえたりしていた様子(笑)

応援もろくにしていないし、どうだろうと思って中を覗いたら、まぁ友だちと後ろの方で仲良く楽しそうに遊んでいて。

木登りしたり押し相撲したり、なにやってんだか…というかんじでしたが。

楽しそうでなにより!

_ 次の日はハナのために文化祭へ行こうかと思っていたのですが、彼女自身も乗り気でないし私も仕事があるしで断念。よかったのか!?来年は行かねば。。体育祭はパスしてもいいのかもなぁ。