«前の日記(2007-09-11) 最新 次の日記(2007-09-25)» 編集

yasunori's tedious diary

検索キーワード:

2007-09-24

コンピュータ 新PC到着

新しいPCが到着しました。約12日ほど。納期が10から20日と言われていたので、まぁそんなもんでしょう。連休中に届いたのは良かった。インストールの時間がとれるからね。

[2007/09/23 時点でできていること]
・ASUS P5K (P35 + ICH9 + PATA/SATA 変換経由 DVD Drive) に RHEL4-U5 をインストール。BIOS や カーネルパラメータの調整だけですんだ。
・OnBoard の NIC を使えるようにした
・GeForce8600GTS で Xorg を動かした。DVI 1280x1024 の設定。
・Wnn8 のインストール
・vm-player for x86_64 のインストール
・メール/web環境を構築

[2007/09/23 時点でできていないこと]
・DVD drive が使えない(インストール時の設定で NG)
・サウンドカードが認識しない(ドライバがあるのか?)

コンピュータ RHEL4 インストール備忘録1

○用意するもの
RHEL4-U5 for x86_64 のインストールディスク。ICH9 に対応しているのは、これ以降のバージョン。RHEL5 は調べていないので不明。

○インストール時の BIOS 設定

BIOS の 光学ドライブの接続設定 IDE -> AHCI に変更 (SATA HDD の設定は compatible ではなく enhanced で OK)

○インストーラに渡すカーネルパラメータ

linux all-generic-ide

○OnBoard NIC の設定
ドライバをサイトから持ってくる。今回は AtL1Linux_v1.0.41.0.tar.gz を使用。readme にしたがってインストール。/etc/modprobe.conf に

alias eth0 atl1

を追加。

○GeForce8600GTS の Xorg の設定
nVidia のサイトからドライバを持ってきて、インストール。xorg.conf までつくってくれる。解像度設定は自分で行うことになるので、自分で xorg.conf を edit。これで動作した。
注意点として、再起動後に kudzu が認識した場合、設定を行うを選ぶと xorg.conf を上書きして壊してしまう。壊された場合には、バックアップがあるので、それを戻せば OK。

[追記1]
DVD drive が使えなかったのは all-generic-ide のパラメータを grub.conf にかいていなかったせいでした。追加したら使えるようになりました。ただ、HDD も IDE 扱いになるので、ちょっと微妙。カーネルのバージョンをあたらしくすれば、JMicron のドライバもあるらしい。RHEL4 だとベースが 2.6.9 なので古すぎるなぁ。カーネルだけおきかえられるか、いっそのこと Fedora7 あたりをいれてみるか。

[追記2]
kernel を 2.6.22.7 に入れ替えてみたら JMicron のドライバで DVD ドライブが使えるようになった。NIC もドライバが組み込まれていたので、こちらを使うようにする。ただ、まれに起動時にパーティションのラベルを見つけられないことがある。tune2fs でラベルを書き込めば OK なのだけれど、原因が不明。

[追記3]
SB Audigy LS X-Fi のドライバは Creative からリリース予定はあるみたい。ただ、スケジュールが遅れているらしく、今日時点ではまだなかった。しばらく待つか。

コンピュータ初期不良?

電源LCDに、電源ファンがまわっていない旨の警告がでるようになった。温度や消費電力はとれているので、完全におかしいわけじゃないようだ。増設などはいっさいしていないので、物理的に壊す要因はないのだけれど。初期不良かなぁ。ショップブランドの BTO で買ったので、サポートが平日のみしか電話対応してないし、ウェブ経由での質問の反応も悪そうだし。まいったなぁ。とりあえず、ウェブで問い合わせを入れておいた。明日中に反応なかったら、電話するか。 faith はものはまぁまぁだけど、反応が悪いのが欠点だな。