«前の日記(2010-03-22) 最新 次の日記(2010-03-24)» 編集

yasunori's tedious diary

検索キーワード:

2010-03-23

生活 沖縄旅行二日目

予報に反して天気にも恵まれたので、朝食はレストランのテラスでとりました。暖かい日差しと南国風の景色を見ながらの朝食は最高でした。当然、タロウとハナも絶好調で食事の後は、目の前の庭を駆け巡っていました。特に大きい葉っぱが気に入ったらしく何枚も拾ってました(これは結局家までもって帰ってきました)。

テラスで朝食 朝食後の遊び テラスで記念撮影

生活 グラスボート

明日以降の天気も不透明なので、天気が良いうちにお目当てのうちの一つグラスボートを楽しむことにしました。グラスボートは船の底がガラス張りになっているもので、四人とも初体験でした。エメラルドブルーのきれいな遠浅の海で魚を見学しました。水族館と違った良さがありました。ただ、今回は海が少し荒れていたせいか、思ったよりも魚の数が少なかったかも。でも、ただただ海の美しさに感動です。子供たちが大きくなったら、沖縄の海でスキューバに挑戦したいです。

海岸1 海岸2 海岸3 海岸4 船内にて1 船内にて2 船底

生活 フルーツランド

午後はフルーツランド に行ってきました。ガイドブックにあったフルーツボートが食べたいというタロウのリクエストのためです。
ここは南国向けの植物園にカフェが併設という形式になっていて、カフェに行くためには入場料を払って植物園にはいらないといけないシステムです。折角なので入りました(ただし、ハナは爆睡中)。主に南国の植物(バナナ、パパイヤ、マンゴー、パイナップルなど)の展示に加えて、蝶を放している区画や、鳥を放している区画があったりと思ったより楽しめました。特に鳥を放している区画では、鳥の液体のえさ200円を購入して鳥にのせることができます。正確には手に持っているえさを飲みに手にとまります。タロウもやってみたいということなので、えさを購入してチャレンジさせてあげたのですが、飛んできた鳥に怯んでいきなりえさを床にほとんどこぼしてしまいました。あいかわらずのビビリです。タロウは知っている果物の樹木をみる初めての機会だったので予想以上に楽しんでいたみたいです。唯一の残念な点は、タロウがすごく見たかったドラゴンフルーツが実をつけていなかったことです。
なんだかんだで楽しんだあとは、念願のフルーツボートと対面です。ハナもここで起きました。相変わらずの食いしん坊な娘です。残念ながらドラゴンフルーツはありませんでしたが、マンゴーなどのフルーツ盛りだくさんで楽しんで食べてました。ただ、タロウはパイナップルはあまり好きでないのに、これを選んだのは謎ですが。。今回もパイナップルは残したので、代わりに親が食べてました。

植物園にて1 植物園にて2 フルーツボート おあずけ

生活 シュラスコ

今日の夜は天体観測のツアーを予約していましたので、早めに帰りました。 しかし、残念ながら曇りのためツアーが中止になりました。折角なので夕食はホテルのシュラスコを出すレストランで食べました。平日限定の半額メニューがあったので、それを二人分頼んで四人で食べたのですが、これでも満腹です。食べ放題メニューもあったのですが、頼まなくて正解でした。 目の前で肉を切ってもらえるのをタロウとハナは楽しんでいたようでした。
タロウは何度も「旅行楽しいな、楽しい時間が過ぎるのは早いな。もう半分過ぎちゃったのか」と繰り返し言ってました。今までいろいろ旅行に行ってますが、こんなことを言い出したのは初めてです。旅行につれてきたかいがあります。タロウの言う通り、もう折り返し地点です。お父さんも同じ意見です。